HOME事業内容仕上加工

<事業内容>


業務内容

受託加工
試作品加工
金型・治工具の設計製作
アルミダイカスト製品の試作加工


加工技術

マシニング加工
ワイヤーカット・型彫放電加工
複合加工
微細加工
仕上加工
設計製作
提案型試作加工
ADC12について
3Dプリンター


品質管理

少量から大量に対応できる品質管理


その他

受託計測サービス
コンサルタント








  仕上加工

仕上加工は、バリ取り作業などを行って、お客様の求める品質に仕上げる加工のことです。

当社では、高品質・高精度の製品が多く、 必要に応じて顕微鏡を用いた仕上加工を行っています。 社内には20台以上の実体顕微鏡が各所に置かれており、 作業者全員が外観品質を意識して加工しています。 最終仕上工程では、熟練の仕上職人が自作のツールを使用して、仕上加工を行います。


繊細な仕上作業は顕微鏡を見ながら行います。


仕上用の工具は、作業者が自作します。

主な作業はバリ取りです。 バリは、材料の種類や刃物の切れ味によって変化するため、 製品ごとにバリの大きさ、頑固さが変わってきます。 また、お客様の要求も、「ケガをしなければいい」という場合や、 「バリが取れなければいい」という場合があり、 バリ取りは高度の熟練が必要な作業です。