HOME会社案内沿革

<会社案内>

会社概要

社長挨拶

沿革

環境への取り組み

ロゴマークについて

社名の英語表記について






  沿革

1953年4月個人企業として自動車電装部品プレス加工を創業
1962年12月資本金150万円にて、有限会社仙北谷製作所を設立
1966年4月自動車小型モーター用サーキットブレーカ製造開始
1974年6月資本金1,500万円に増額
1976年4月NC工作機器の導入を開始
1977年12月資本金3,000万円に増額
1979年9月資本金6,000万円に増額
1984年11月福島工場新設
1985年11月資本金9,000万円に増額
1991年12月有限会社を株式会社に組織変更し、社名を株式会社仙北谷とする。
2001年1月マシニングセンター7台増設、計21台となる
2002年1月2001年度神奈川県優良工場表彰受賞
2003年4月創業50周年
2004年9月5軸マシニングセンタ4台、微細加工マシニングセンタ1台新設
2006年11月森精機「第3回切削加工ドリームコンテスト」微細加工部門で金賞受賞
2007年11月森精機「第4回切削加工ドリームコンテスト」金型・造形加工部門で芸術賞受賞
2008年4月創業者の仙北谷英次が退任し、仙北谷英貴が代表取締役社長に就任
2011年11月森精機「第8回切削加工ドリームコンテスト」微細加工部門で銅賞受賞
2012年11月森精機「第9回切削加工ドリームコンテスト」金型造形部門で銅賞受賞
2012年12月会社設立50周年
2013年8月マシニングセンタ1台新設
2014年1月3Dプリンター(プラスチック系)1台導入
2014年10月森精機「第10回切削加工ドリームコンテスト」微細加工部門でアイデア賞受賞
2015年2月高精度ワイヤーカット放電加工機1台新設
2015年10月森精機「第11回切削加工ドリームコンテスト」造形加工部門でアイデア賞受賞
2016年3月3次元測定機1台新設
2016年11月森精機「第12回切削加工ドリームコンテスト」微細加工部門でアイデア賞受賞
2017年1月金属3Dプリンター1台新設
2019年2月由紀ホールディングス(株)へ株式譲渡し、大坪由男が代表取締役に就任。