【設備の紹介】

CNC三次元測定機 (東京精密) SVA/fusion、850×600×600

東京精密の三次元測定機です。ZEISSのスキャニングプローブと、レニショーの3軸モータライズド・プローブヘッドPH10T(自動首振りタイプ)が使える仕様になっており、複雑な3次元形状のワークの測定に適した仕様になっています。






設備内容(一覧)のページに戻る